クリスマスローズHGCアイスブレーカーマキシー6号

 

数十万株の中から最高の一株を!

お客様からご注文をいただきますと、発送日に農場に出向き、数十万株の中からご要望に沿った最高の一株をお客様のためにお選びさせていただきます。ショップ童仙房は、ご要望に沿った生き生きとした最高のクリスマスローズをお届けします。どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

月別栽培方法は以下のURLをクリック下さい。
クリスマスローズの育て方 栽培管理】

http://christmasrose.ocnk.net/page/3

 

品種名:【HGCアイスブレーカーマキシー】

出荷サイズ:17cm

出荷時期:12 月〜2月

開花時期:1 月〜2月

 

【HGCアイスブレーカーマキシー】の特徴

ニゲルとアグチフォリウスの交配種です。 

氷を砕く力強さから【アイスブレーカー】というセカンドネームがつけられました。【アイスブレーカー】のセカンドネームを持つシリーズは、他に【HGCアイスブレーカープロローグ】【HGCアイスブレーカープレデュード】がございます。

強健で暑さに強く、年内のクリスマスに咲き、異種間交配種の中では早咲きのクリスマスローズとされています。

ニゲルコルス種は、葉が大きく暴れる株の姿が多いですが、【HGCアイスブレーカーマキシー】は、すっきりとコンパクトにまとまる形の品種です。

花のサイズは、6cm〜8cm 大株になると高さは40cm程になります。

クリーム色の花が、徐々にライトグリーンへと変化します。やがてグレーになります。

葉は付け根の部分が赤いのが特徴です。

 

最近では、この【HGCアイスブレーカーマキシー】を含む多くの異種間交配種は、切り花としても利用が広がっています。

クリスマスリーズは、蕾が上がり始めて、開花終了までに蕊は落ちますが、花弁に見えている部分は、植物のガクにあたるので散ることがございません。蕊が落ちた後は、メリクロンなので種は取れませんが、種房が膨らみはじめ、その形も可愛く姿を変えます。なので3か月から4か月のとても長い間、変化を楽しんでいただくことができます。

 

  

 

HGC ヘレボルス ゴールド コレクションは信頼の印。  その中のニューハイブリッド(異種間交配種)は、最近もっとも注目されています。それぞれ両親の形質を受け継ぎながら色々な表情を表します。花だけでなく葉の色や形にも特徴のある新しいヘレボルスが生まれてきます。ヒブリダスにない素朴な美しさとたくましさが人気でヨーロッパの初春の庭園では主役に成り始めています。数多くの交配の中から優秀な個体を組織培養(メリクロン)により増殖されたクリスマスローズです。

 

以下の大きな画像は、3月上旬のHGC アイスブレーカーマキシー7号ポットの開化状態です。

 

2月中旬の7号ポット、ギフト籠入りです。

クリスマスローズ
HGCアイスブレーカーマキシー6号

販売価格: 6,750円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

在庫あり
6号オプション (任意):
ギフトの場合、リボン・鉢カバー 鉢への植え込みを上のセレクトボックスからオプションでお選びいただけます。
画像の綱木紋鉢は、6号株には余裕があるMサイズです。他にSサイズもございます。資材のページ→ http://christmasrose.ocnk.net/product-list/6 をご覧くださいませ。
メッセージカード (任意):
ギフトの場合はこちらから、用途に合わせてメッセージカードをお選びください。
オリジナルメッセージ入力 (任意):
最大500文字
【オリジナルメッセージ】をメッセージを500文字以内でご入力くださいませ。カードに印刷させていただきます。(+500円)

販売価格: 6,750円(税込)

数量:
お問い合わせ

参考画像

  • お届の商品のイメージです。12月中旬の様子です。根元に大きな蕾が出来ています。個体の大きさは鉢サイズを目安に参考ください。
    6号ポット(直径18cm深さ15cm)

Facebookコメント