What's New

128

クリスマスローズの育て方・栽培管理 4月

花の時期が過ぎ、新葉がたくさんできる時期です。

終わりを向かえた花は地面から5cm程で切り取ります。

株元は灰色カビ病がでないように整理します。

新葉の生育に邪魔になる古い茎や葉も取り除きましょう。

特に雨後は病気が発生しやすいので、注意しましょう。

ダコニールを1000倍で散布します。

肥料は液肥であれば毎週1回程度、固形であれば最後の施肥となるでしょう。
いつもショップ童仙房のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
このたびホームページのデザインをリニューアルしました。
これからも更新してまいりますのでよろしくお願いいたします。

今期も開花株のご注文を沢山いただき誠にありがとうございました。

お陰様で、3月末ですべてのクリスマスローズが、完売となりました。

4月1日~5月23日まで、これからクリスマスローズを育てたいお客様に、

少量ではありますが春苗のご注文をお受けいたします。

サイズは主に、6号 7号で、お届けは、5月上旬からとなります。

来季は、ヨーロッパの名画を見るようなお色のガーデンが出来上がります。

是非、あなたのクリスマスローズガーデン作りをお楽しみくださいませ。  

【期間限定春苗のページはこちら】 ↓

 http://christmasrose.ocnk.net/product-list/21  

 

童仙房ナーセリーの育種開発ではないクリスマスローズですが、童仙房ナーセリー生産した以下の品種のクリスマスローズを掲載させていただきました。

どれも海外の有名な育種開発品です。

【アンナズレッド】5号 少量

【ぺニーズピンク】5号 少量

【モーリスホワイト】5号 少量

【リビダス・ホワイトマーブル】少量

お花の数、株立ちから、童仙房ナーセリーの最高の技術がよく分かっていただける素晴らしい株です。

是非、最高の技術で育てられたお花をご堪能くださいませ。

少量だけで多くはございません。

先着順でよい株をお届けさせていただき、完売と同時に終了させていただきます。

【特報ページ】はこちらです。↓

http://christmasrose.ocnk.net/product-list/37

昨年7月~ご予約のクリスマスローズを11月からお届けさせていただきました。

お客様のガーデンやベランダで咲いたクリスマスローズの画像を送信下さったり、お喜びの声をいただきました。

その様子を掲載しましたので是非ご覧くださいませ☆彡 ↓

http://christmasrose.ocnk.net/page/2


☆私の育てたクリスマスローズ見て見てと、どうぞ送信くださいませ。☆

拙い編集力ですが、少しづつUPしていきますのでよろしくお願いいたします。


クリスマスローズの育て方・栽培管理 3月

★庭に植えてあるクリスマスローズも最も盛んに開花し、喜びを味わえる時期です。

★4月いっぱいには十分な肥料をあげ、この時期は夏に向けて体力をつける季節です。

★種房を付け始めた花は切り取り切花で楽しむといいでしょう。

★陽気に誘われ、土の中の虫や微生物が動き始めるころです。

★クリスマスローズは最もよく生育する時期に入ります。

★オルトランなど浸透移行性の薬を撒き、害虫駆除をします。

★鉢植えで大きくなった株は一回り大きな鉢に植え替えます。

★植え替え後は2週間程、肥料は与えませんがその後は、液体肥料を与え夏超えの体力を蓄えます。
純白のニゲルをお探しのお客様からのお問合せが続いております。

ニゲルは、ほぼ完売し開花時期も終了しております。

そこで、クリスマスローズ欲しいと思えば今何としても欲しいという気持ちにお応えしまし

て、期間限定【HGCパウロ】【HGCレンパー】【HGCツインスピリッツ】【GMディープエンジェル】の開花終了株をお届けします。

ニーズに合うお客様、どうぞご利用お待ち申し上げます。☆
【Ice N' roses 氷の薔薇レッド】を掲載しました。

今年、1月24日~27日に、ドイツ エッセンで開催された、世界最高峰の園芸展示会IPM Essenで、最高賞を受賞したお花、クリスマスローズ【Ice N' roses 氷の薔薇】です。

http://christmasrose.ocnk.net/product/788

18年1月から先着順にお届けさせていただきます。

ただ今先行予約受付中です。

新しくハイドランジアの苗 5号を掲載しました。

庭のあじさいシリーズとして、5号苗をお届けさせていただきます。

発色の良いハイドランジアブリーダーズ協会登録苗をお庭で大きく育ててお楽しみくださいませ。

童仙房ナーセリー&ガーデンは、ハイドランジアブリーダーズ協会日本支部です。

http://christmasrose.ocnk.net/product-list/27

【クリスマスローズの育て方・栽培管理 2月】

異種間交配種に加え、ガーデンハイブリッドも本格的な花の開花期を迎えます。

ガーデンハイブリットには一月まで休んでいた肥料をまたたっぷり与えましょう。

開花を長く楽しむために、リン酸分の多い肥料も良いです。

カビが入らないように傷んだ蕾や葉茎はこまめに取除き株元の整理をしましょう。

ポット苗の大きいものは地植えにするのも良い時期です。

 

画像は、今年の新種【パラデニア】です。 ↓2017.1.31撮影

http://christmasrose.ocnk.net/product/758

【クリスマスローズの育て方・栽培管理 1月】

日が少しずつ長くなる頃、クリスマスローズもニゲル種から交配種へと季節が変わってゆきます。

異種間交配種は三寒四温を繰り返し、寒さで動きの止まっていた蕾が大きくなって開花です。

寒さが厳しいけれど、できる限り風や霜を避け、なるべく日の当たる場所に置きます。

乾いたら日光の十分に当たる午前中に、たっぷりとお水を与え、水やり毎に液体肥料1000倍をあげるのも花を春まで咲かせるコツです。

この季節は、花を観賞する季節です。

灰色カビ病の予防のために、株元の傷んだ葉茎の整理をしましょう。

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

昨年度は、沢山のお客様にご利用いただき誠にありがとうございます。

また、FBやブログをご覧いただき応援いただいたお客様に深く感謝申し上げます。

今年も美しく咲く最高のクリスマスローズをお客様にお届けしお喜びいただけますよう努力いたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。<m(__)m>☆

ニゲルギフトを新しく掲載しました。~送料無料~ ¥4800

お届けは1月第2週目となります。

ご注文をいただいた後に、美しい白いニゲルをお選びして植え込ませていただきます。

その日の一番美しい白いニゲルで、品種はお任せとなります。

※画像の中の赤い実は、植物ではございません。

ギフトだけでなくご自宅のガーデンや新年のお玄関にも。

ご注文のページはこちらです。↓

http://christmasrose.ocnk.net/product/768

ショップ童仙房は、年中無休24時間営業で受注を承っております。

発送につきまして、年内にお届けをご希望のお客様におかれましては、12月23日(金)までにご注文をお願い致します。

新年は1月7日よりお届けさせていただきます。

尚、商品についてのお問合せは、いつでもご遠慮なく送信くださいませ。↓

https://christmasrose.ocnk.net/contact 


どうぞよろしくお願いいたします。☆






アイスブレーカーシリーズの中でも凄くお花が沢山咲く品種。

数年前に終了していた品種、リクエストが多く4.5号から復活です。

本日、トップページに掲載しております。

大株に育てて、花数に挑戦してみませんか?

マイガーデンでも一本の茎から50厘以上咲いた品種です。

【HGCアイスブレーカープロローグ】4.5号  ↓


http://christmasrose.ocnk.net/product/48

【クリスマスローズの育て方 12月】

・外は氷点下。寒さに強いクリスマスローズも植物内の水分も凍ってしまいます。

・日が当たり暖かくなる日中は元の元気な姿にもどっています。

・ニゲルが盛んに咲き、寒さにあたった花がほんのりピンクに化粧を始めます。

・この頃のクリスマスローズの管理は素直に花が上がってくるように古い葉を整理。

・蕾が病気に侵されないようにしましょう。

・殺菌剤を花や蕾にあまりかけないようにし、株元にたっぷり散布します。

・楽しんだ花は早めに切りとり、切り花として楽しむことで、2番花も楽しめます。

・成長中の異種間交配種の鉢植えはできるだけ日の当たる場所に移動しましょう。

・肥料もたっぷり与えます。

【クリスマスローズの育て方 11月】

・十分に太ったニゲルは11月が最も元気に活動し、根元ににはつぼみが見えてきます。
早い品種は美しい純白の花を咲かせ始めます。

・10月に引き続き肥料はたっぷり、液体肥料を週に2回程与えます。

・病気も多くなる季節です。特に注意するのは灰色カビ病。薬剤は、ダコニール1000やトップジンMなどを散布します。予防は古い葉、痛んだ新葉をこまめに取り除くことが大切です。

・開花後の花も灰カビ病に侵されることがあるので種房は取り除きます。

・根の詰まった鉢植えは一回り大きな鉢に植え替えていただくとよいです。

・地植えの場合も、根鉢の倍以上の大きさに穴を掘ります。クリスマスローズは根が大切だからです。

・地植えにされる場合は、夏の直射日光のあたらない風通しのよい場所が最適です。

・鉢植えの場合も地植えの場合も、水はけのよい用土に植えます。

・痩せた用土には、バーク堆肥、有機肥料、石灰を加えて改良します。腐葉土を混ぜると効果的です。卵の殻を細かく刻んで混ぜるのもよいです。

・植える深さは、株元が少し隠れる程度が最適です。

・大株になるものは、幅1mにもなるので、50cm以上間隔をあけるとよいです。

・植え替え後は、お水をたっぷりあげます。